TOP

STORY
COSTUME
CAST
BLOG
INFORMATION
RECRUIT
SYSTEM
MENU
MAP
LINK
CONTACT
 

生徒名簿

生徒

ホウミ・桜花・ディース(愛称:ホーミィ) 

緋の諸島の観光地であり義理人情に溢れたにぎわいのある職人街である『京街(みやこまち)』の出身。
緋の諸島出身の父親と、アカシウス皇国出身の母親を持ち、しっかり者の5歳年上の姉(沙耶・桜花・ディース/サヤ)が居る。父親である、桜花・片倉(カタクラ)は代々オイソースの職人の家系で、彼のオイソースにはアカシウスの皇族は皇帝にも一目置かれている。母親であるノルン・ディースはユグドラシル図書館に務める司書の一人で白魔術の使い手でもある。趣味は料理だがドジっ子(不器用)なため実技より知識の方が長けている。実家がオイソース職人でもあるため特に調味料の知識は驚くほど豊富で、友達と食事に行って出された料理の材料などの説明につい夢中になって料理が冷めてしまう事もある。コランダムの論文制作のお手伝いの名目でユグドラシル図書館に同行する際は読んでいるうちに寝てしまい司書である母親に見つかり起こされる事や、高い所の本を取ろうとして台から落ちたり本に埋もれたりして母親が駆けつける事もしばしばで、ある意味「ユグドラシル図書館の名物母娘」となっている。まだ緋の諸島に居たころ、ある国の王子とユグドラシル図書館の事を聞くために手紙のやり取りをした事があり、件の王子は今でも時々アカシウス寄宿舎学園のカフェテリアを訪れているようである。
設定作案者: 竜羅 様

フィニア・リル・フィールズ(愛称:フィフィー)

ブラングラードの聖地グラードル出身。
アカシウス寄宿舎学園で最高位のアルケミストであり、最年少のベリルでもある。白魔術都市ブラングラードの次期教皇1番手の枢機卿の三女でもあるのだが、ユグドラシル図書館で偶然発見した文献のせいで錬金術に興味を持ち、ホモンクルスの完成を目指し日々奮闘している。その行動に頭を抱えた父によってアカシウス寄宿舎学園に強制入学させられる。学園でもポーションやゴーレムの作成に熱中しており、様々なポーションの作成で学園に貢献しているが、ゴーレムの暴走や生徒をポーションの実験台にするなど問題児でもある。過去、誤まった惚れ薬を作り数十人の生徒に追いかけられるなどの事件も度々起こしている。性格は小悪魔的で、実験や好奇心を満たす為には手段を選ばない。さらには手段の為に目的を忘れる事もしばしば…。
設定作案者: ライアー 様

ウォッカ・フェアリー・エリシオ 

アカシウス皇国西部に位置する勝負師の集まる町デルタブルース出身。町で上位を争う良血勝負師・トニー・ブライアン・エリシオを父に、元寄宿舎内の才媛・エア・ローマン・エリシオ(旧姓グルーヴ)を母に持つ。4つ上の兄・ギムレットは、一昨年のポーカーダービーの覇者でもある。勝負根性を重視する父の教育方針と愛情を重視する母の教育方針がぶつかり合い、夫婦喧嘩を起こすのは町内で有名で「博打の為に青春を過ごさせてはならない」と危機を感じた母は、ウォッカを寄宿舎へと送り込んだ…。
良血と強運にものを言わせ、入学から僅か1年で生徒会長の座を勝ち取る。
博打と縁のない寄宿舎生活に心を和ませるも、時折寄せられる父と兄からのいちゃもんとも取れる手紙には同様を隠せない。「売られた喧嘩を買うべきでしょうか…」と考えることもしばしば。シスターに相談する機会も多くなりはじめている…。
設定作案者:イナリ・ゴールドシチー 様

アモ・チョコ・エアリィ

出身地: ブレンダーヌ大公国の小さな湖
ブレンダーヌ大公国の小さな湖で生まれ、人と関わりが無く生活を送っていた為、人の話を信用しやすく騙されやすい性格に育つ。妖精の村で小さなブティックをお手伝いをしていたが、ある日森で黒魔術師に騙され人間の姿にされてしまう。元の妖精の姿に戻る為に学術の都であるアカシウスを目指し、自在に姿を消せる能力を認められ入学。人にされたことから魔術師がトラウマになっているが、たくさんの人と出逢う中で悪い人ばかりではないと考えが変わってきている。人の姿になったが、人の着るお洋服に興味が止まらず、人間になれてよかったと思うこともあるようだ。それ故に姿を消す能力が不安定になってきている。

アリア・コメット・リューネブルク

カリメーヌ大陸の南西の蛮族が住む辺境の地プロブンサで生まれる。
人口60人の民の尊敬を集めるリューネブルク王家の姫でもある。幼少より王家の娘として両親に甘やかされて育てられてきた。
本人も、たしかに姫ではあるのだが、あまりにも小さな国である為、王侯文化のたしなみがなく、大国の王侯貴族の生活に憧れを持っている。
アカシウスに入学後は、自分の国よりも大きな貴族の娘がいるなど、危機感を覚え、姫部を立ち上げ、現在、部長としての、王侯貴族のたしなみの研究に余念が無い。
幼い頃に、既に隣国の皇子と婚約していると思いこんでいる為、コメットの名を名乗っている。自分の中では皇子に相当ベタボレらしい?
姫部所属 部長

イネス・イーヴァ・ローラン

白魔術都市ブラングラード出身
父は聖職者で、母は白魔術使い。6人兄弟の長女で、兄弟の面倒を見るという名目で家に引き篭りがちだった(外に出る事が嫌い)。両親の影響で宗教学、白魔術に興味を持ち、家で教わっていたのだが、外の世界を知り、好きな事を学んで欲しいと考えた両親にアカシウスへの入学を勧められ、"全寮制"で勉強が出来るならと入学を決めた。割と熱心に勉学に励むが、趣味である裁縫や料理に夢中になり疎かにしてしまうことも。(自分のリボンは白魔術をイメージして勝手にアレンジしたらしい)。父に貰ったお守りを大切に身に付けていて時たま母に教わった魔術を使って髪型を変えることがある。

ウキュラ・ピス・シアヌルス

出身地:ブレンダーヌ郊外にあるウキュラシアの森。
ウキュラシアの森に棲む青い羽根の鳥には、出会うと幸運がもたらされるという伝承があった。ある日、一羽の青い鳥の雛が、無理をして巣から飛び降り、大きな怪我をしてしまう。偶然、通りがかった旅人が手当てをしてくれ一命を取り留めるが、旅人はすぐに去ってしまったという。数年の時が過ぎ、成長した雛は恩返しをしたいと考え、森に住む高名なドルイドに人間の少女の姿に変身させてもらい、生まれ育った森の名に由来するウキュラという名を授かる。少女となったウキュラは、大怪我をした時に羽に巻いてくれた紋章入りのハンカチの切れ端を唯一つの手がかりに恩人を探す旅に出る。旅を続けるうちに、多くの人が行き交うアカシウス皇国にたどりつき、「世界中から生徒の集まるこの学園ならば手がかりが見つかるかもしれない」と考えアカシウス寄宿舎学園へ入学。学園で恩人の手がかりを探しつつ、いつか出会えたときには、幸運をもたらすという青い鳥の伝承のとおり、その人を幸せにしたいと願っている。

エマ・ソニア・ペルーシェ

プロフィール確認中

キノ・プリマヴェーラ・リナリア

プロフィール確認中

クララ・リズ・ スティーリア

出身:ブラングラード北東の島
白魔術都市ブラングラードの騎士として、氷魔法の名門スティーリア家に生まれる。好奇心旺盛で負けず嫌いだったため、難関と言われる魔術テストに最年少で合格。...したのはいいものの、年月が経つほど魔力が強くなり遂に家を全て凍らせてしまった。見かねた両親に優秀な生徒が集まるというアカシウス寄宿舎学園への入学を勧められ、今は魔法のコントロールを学んでいるとか…

サクナ・ジユ・バーニソン

出身地:カリメーヌ大陸最北端の村
カトラ・ケイ・バーニソンの実妹。幼い頃は頃は体が弱く、あまり外に出られなかったため、いつも暖かい家の中で過ごしていた。その為幼馴染の白熊兄妹との思い出は少なく、家に居た猫との方が仲が良い。体が良くなり自由に動けるようになってからはとにかく体を動かすことが楽しくて仕方が無いようで、色々なことに挑戦しようと考えている。取り敢えず姉の後を追い、学園に入学した。幼い頃より数多くの絵本で見た広い世界に憧れていたが、学園で色々な事を学ぶ中で世界には他にも綺麗なものが沢山あると知り、見たことのない景色を見るために世界中の様々なところに行ってみたいと思っている。また、当然の事のように村の問題もなんとかする気でいる。やりたい事全て本気でやる気でいるが、具体的な計画はまだ何も無いようである。
ティオ・ジョルジ・ドラガノフ

ドラコヌール王国出身の元竜騎士。
本来であれば女は竜騎士にはなれないという厳しい掟があったが、代々王直属の騎士を務めているドラガノフ一族に跡取りである男が生まれなかったこと、気性の荒い雌竜との相性が群を抜いていたこと、ティオの変身術の才能が秀でていたことから、特例として竜騎士の訓練を受けていた。頭を使うことよりも力に自信があったため、喜んで訓練を受ける日々だったが、年の離れた弟が生まれたため一線を退くことを決意。今後について偉大な騎士である祖父に相談したところ、まずは「ジョシリョク」なるものを上げる事を提案されアカシウス皇国への留学を勧められる。この話を耳にした老王の力添えもありアカシウス寄宿舎学園へ入学。本人曰く、アカシウスで礼儀作法や「ジョシリョク」を勉強しながら今後について考えるつもりらしい。時たまドラ コヌールが懐かしくなると学園内の食堂で 大量に肉料理を注文し、上機嫌になってそれを平らげる姿がたびたび目撃されている。

ハル・メリー・バートリー

プロフィール確認中

ヒスイ・ツクモ・アティス

かつて緋の諸島の山奥の神社に祀られていた翡翠に宿った付喪神。人の姿に化けては、毎日一人で神社に来る少女と、遊ぶことが日々の楽しみだった。だがある日からぱったりと少女は神社を訪れなくなり、また神社もすっかり寂れ、参拝客がいなくなり、徐々に神通力を失っていった。このまま消えたくないと社をとび出したはいいものの、ずっと引きこもっていたため外の世界を何も知らず、困っていたところを、世界を歴訪するとある魔法使いと出会いアカシウス寄宿舎学園への入学をすすめらる。失った神通力を取り戻すため魔導の勉強に励んでいるが、それよりも手っ取り早い方法としてお参りしてくれる人をこっそり募集しているらしい。ずっと木々に囲まれた山奥にいたため、学園の人の多さや建物の立派さに驚きを隠せず、興味しんしんな様子。かなりの長寿であり、そのため物忘れがとても多いようだが本人(石)は特に気にした風もなく日々を楽しんでいるようだ。

ビスケ・チェルシー・アリスベア

出身 アカシウス寄宿舎学園内
学園内のとある部屋の棚にある瓶に詰められた底の方のビスケットである。上の段の仲間たちが食べられて行き、寂しくなったビスケはそれを阻止するため外になんとか脱出する。ビスケットのため名前は無かったのだが、瓶のシールにチェルシーという記載があり、瓶の横にアリスのお人形とテディベアが座っていたという点からこの名を名乗っている。元々は丸い素朴なビスケットの形だが、学園内で生活する以上生徒として制服を着なければならないため人の形に変形した。そのため、素材はビスケットの影響で些細な衝撃でぼろぼろと粉が落ちてしまう。毎日破壊された部分は一生懸命練っては焼いてを繰り返して原型を保っている。本人(本粉?)曰く、ビスケが身を削っている分ビスケパウダーに塗れた人は幸せになれると言っていたり、突然呪文なるものを唱え始め魔法使い気取りを始めたりと元はただのビスケットということを忘れつつある様子。本来の目的として、ビスケットと総称される全てを無条件で食べられてしまうことを阻止するということだが、カフェテリアに来たらクッキーを提供しなければならないことを知り毎日頭を悩ませている。

舞・コルセア・リスルール

貿易都市トレダーシュの沖合いの海賊船出身。
貿易都市トレダーシュの沖合いで幅を利かせているホワイト家の一人娘で、既にほぼ家業をついでいる。ホワイト家といわれるように、本名はヴィアンカ・ホワイトである。当たり前ではあるが、海賊の娘がアカシウス寄宿舎学園に入れるはずもなく、貿易都市トレダーシュの市長と交渉(恐喝し)、トレダーシュの豪商の娘との経歴を作り、アカシウス寄宿舎学園に入学をしている。当然のように、トレダーシュ市長の推薦状付きでであった。
海賊であるのを隠すため学園では、偽りの名前、舞・コルセア・リスルール(通称マイコ)と名乗っているが、その品行の悪さから、同級生や教師陣に素性を疑われ始めている。

マリリア・エル・アーデランデ

出身地:アカシウス皇国沿岸の島
老人の姿や男の姿をしていることが多い家に住み着くレプラホーンという妖精なのだが、ごく稀に女の子も生まれる事もありマリリアも珍しい女の子の姿をしたレプラホーン。マリリアも生家に住み着いていたが、年頃になり、そろそろ外の世界を知ったほうが良いということで住み家を探す旅に出る。綺麗な女の子がたくさんいる環境の珍しさもあり、本来一般家庭に住み着くはずが、アカシウス寄宿舎学園に住み着いてしまう。勝手に住み着いていたが…、有能な教師や生徒達が集まった学園で当たり前のようにすぐに見つかってしまう。通常なら追い出されるところを女の子のレプラホーンのが珍しい事と、本人の希望もあり特別処置として入学を許可される。魔法学の先生に大きくなる魔法を掛けてもらい勉学に励んでいる。靴を直す妖精だが女の子のためかお洋服が大好きなので、靴を作るよりはお洋服をつくるほうが好きなようである。
ミィナ・ルネ・シャルロット

白魔術都市ブラングラード出身
ひょんな事から天界から白魔術都市ブラングラードに落ちてしまい、あてもなく街を徘徊するが、空腹に耐えられず食料庫に侵入するも、高名な白魔導師に見つかってしまう。心優しい白魔導師は、ミィナに食べ物を与えてくれ、天界から落ちた際に負った怪我も魔法で癒してくれる。さらに天界へ戻る方法もわからず、行く当てもないミィナを白魔導師は自分の元で養う事とした。その後、自分を助けてくれた白魔導師に感謝したミィナは、師を尊敬し、自分も白魔術を学ぶ為、そして天界へ帰る方法を探すためにアカシウス寄宿舎学園へへ入学する事に。本来は羽根が生えているのだが、いつもは白魔導師に教えてもらった魔法で隠しているようである。
リリィ・ブライア・ハート



プロフィール確認中
 

ルーナ・ リザ・ベリー



プロフィール確認中
 


 

Copyright © 2007 Acasius Boarding School & MEGANEKO Co.,Ltd. All Rights Reserved.