TOP

STORY
COSTUME
CAST
BLOG
INFORMATION
RECRUIT
SYSTEM
MENU
MAP
LINK
CONTACT
 

生徒名簿

生徒

ホウミ・桜花・ディース(愛称:ホーミィ) 

緋の諸島の観光地であり義理人情に溢れたにぎわいのある職人街である『京街(みやこまち)』の出身。
緋の諸島出身の父親と、アカシウス皇国出身の母親を持ち、しっかり者の5歳年上の姉(沙耶・桜花・ディース/サヤ)が居る。父親である、桜花・片倉(カタクラ)は代々オイソースの職人の家系で、彼のオイソースにはアカシウスの皇族は皇帝にも一目置かれている。母親であるノルン・ディースはユグドラシル図書館に務める司書の一人で白魔術の使い手でもある。趣味は料理だがドジっ子(不器用)なため実技より知識の方が長けている。実家がオイソース職人でもあるため特に調味料の知識は驚くほど豊富で、友達と食事に行って出された料理の材料などの説明につい夢中になって料理が冷めてしまう事もある。コランダムの論文制作のお手伝いの名目でユグドラシル図書館に同行する際は読んでいるうちに寝てしまい司書である母親に見つかり起こされる事や、高い所の本を取ろうとして台から落ちたり本に埋もれたりして母親が駆けつける事もしばしばで、ある意味「ユグドラシル図書館の名物母娘」となっている。まだ緋の諸島に居たころ、ある国の王子とユグドラシル図書館の事を聞くために手紙のやり取りをした事があり、件の王子は今でも時々アカシウス寄宿舎学園のカフェテリアを訪れているようである。
設定作案者: 竜羅 様

フィニア・リル・フィールズ(愛称:フィフィー)

ブラングラードの聖地グラードル出身。
アカシウス寄宿舎学園で最高位のアルケミストであり、最年少のベリルでもある。白魔術都市ブラングラードの次期教皇1番手の枢機卿の三女でもあるのだが、ユグドラシル図書館で偶然発見した文献のせいで錬金術に興味を持ち、ホモンクルスの完成を目指し日々奮闘している。その行動に頭を抱えた父によってアカシウス寄宿舎学園に強制入学させられる。学園でもポーションやゴーレムの作成に熱中しており、様々なポーションの作成で学園に貢献しているが、ゴーレムの暴走や生徒をポーションの実験台にするなど問題児でもある。過去、誤まった惚れ薬を作り数十人の生徒に追いかけられるなどの事件も度々起こしている。性格は小悪魔的で、実験や好奇心を満たす為には手段を選ばない。さらには手段の為に目的を忘れる事もしばしば…。
設定作案者: ライアー 様

ウォッカ・フェアリー・エリシオ 

アカシウス皇国西部に位置する勝負師の集まる町デルタブルース出身。町で上位を争う良血勝負師・トニー・ブライアン・エリシオを父に、元寄宿舎内の才媛・エア・ローマン・エリシオ(旧姓グルーヴ)を母に持つ。4つ上の兄・ギムレットは、一昨年のポーカーダービーの覇者でもある。勝負根性を重視する父の教育方針と愛情を重視する母の教育方針がぶつかり合い、夫婦喧嘩を起こすのは町内で有名で「博打の為に青春を過ごさせてはならない」と危機を感じた母は、ウォッカを寄宿舎へと送り込んだ…。
良血と強運にものを言わせ、入学から僅か1年で生徒会長の座を勝ち取る。
博打と縁のない寄宿舎生活に心を和ませるも、時折寄せられる父と兄からのいちゃもんとも取れる手紙には同様を隠せない。「売られた喧嘩を買うべきでしょうか…」と考えることもしばしば。シスターに相談する機会も多くなりはじめている…。
設定作案者:イナリ・ゴールドシチー 様

アモ・チョコ・エアリィ

出身地: ブレンダーヌ大公国の小さな湖
ブレンダーヌ大公国の小さな湖で生まれ、人と関わりが無く生活を送っていた為、人の話を信用しやすく騙されやすい性格に育つ。妖精の村で小さなブティックをお手伝いをしていたが、ある日森で黒魔術師に騙され人間の姿にされてしまう。元の妖精の姿に戻る為に学術の都であるアカシウスを目指し、自在に姿を消せる能力を認められ入学。人にされたことから魔術師がトラウマになっているが、たくさんの人と出逢う中で悪い人ばかりではないと考えが変わってきている。人の姿になったが、人の着るお洋服に興味が止まらず、人間になれてよかったと思うこともあるようだ。それ故に姿を消す能力が不安定になってきている。

アリア・コメット・リューネブルク

カリメーヌ大陸の南西の蛮族が住む辺境の地プロブンサで生まれる。
人口60人の民の尊敬を集めるリューネブルク王家の姫でもある。幼少より王家の娘として両親に甘やかされて育てられてきた。
本人も、たしかに姫ではあるのだが、あまりにも小さな国である為、王侯文化のたしなみがなく、大国の王侯貴族の生活に憧れを持っている。
アカシウスに入学後は、自分の国よりも大きな貴族の娘がいるなど、危機感を覚え、姫部を立ち上げ、現在、部長としての、王侯貴族のたしなみの研究に余念が無い。
幼い頃に、既に隣国の皇子と婚約していると思いこんでいる為、コメットの名を名乗っている。自分の中では皇子に相当ベタボレらしい?
姫部所属 部長

イチゴ・イノセント・フィーユ

プロフィール確認中

ウキュラ・ピス・シアヌルス

出身地:ブレンダーヌ郊外にあるウキュラシアの森。
ウキュラシアの森に棲む青い羽根の鳥には、出会うと幸運がもたらされるという伝承があった。ある日、一羽の青い鳥の雛が、無理をして巣から飛び降り、大きな怪我をしてしまう。偶然、通りがかった旅人が手当てをしてくれ一命を取り留めるが、旅人はすぐに去ってしまったという。数年の時が過ぎ、成長した雛は恩返しをしたいと考え、森に住む高名なドルイドに人間の少女の姿に変身させてもらい、生まれ育った森の名に由来するウキュラという名を授かる。少女となったウキュラは、大怪我をした時に羽に巻いてくれた紋章入りのハンカチの切れ端を唯一つの手がかりに恩人を探す旅に出る。旅を続けるうちに、多くの人が行き交うアカシウス皇国にたどりつき、「世界中から生徒の集まるこの学園ならば手がかりが見つかるかもしれない」と考えアカシウス寄宿舎学園へ入学。学園で恩人の手がかりを探しつつ、いつか出会えたときには、幸運をもたらすという青い鳥の伝承のとおり、その人を幸せにしたいと願っている。

エマ・ソニア・ペルーシェ

出身地: 貿易都市トレダーシュ沖の海上
古より代々続く運び屋の一族に生まれる。その運び屋達は貿易都市トレダーシュ沖の海上に浮遊港を構え、大型の物は船舶を、手紙などの小型の物はインコを使った運び屋を営んでいた。しかしながら先代の頭首である祖父がインコを可哀想に思い、運び屋として利用してくれたらインコをプレゼントするようになった事で、運び役のインコが激減、家業がすこし傾いてしまう。父親と共に傾いた家業を復興すべくビリーというオカメインコと運び屋をやっていた。代々続いた仕事であるので悪い仕事とは思っていないが、いろいろな場所へ何を運んでいるのかよくわかっておらず、師と仰げる運び屋を探していた。とある時に、アカシウス寄宿舎学園が利用している運び屋が使っているのが「幻のインコ」であるという噂を聞きつける。伝説の運び屋と幻のインコを見る為に、家業に休みを貰い、アカシウス寄宿舎学園へ何度も受験をして入学。今だに幻のインコを見れていない。

香鈴・李(コウリン・リ)

出身地:ゴルゾン大陸南部地域
ゴルゾン大陸という謎の暗黒大陸で生まれ、巨人族の村ー日月村の村長の娘である。身長は31メートルがあり、巨人族でも大きい方である。小さい頃からカリメーヌ大陸からの言葉や文化にとても興味を持ち、夢中に勉強していた。成人の時に父からの許可を得て、アカシウス寄宿舎学園に留学を行う。入学は許可されたが、現実問題として大きな体のままでは授業もままならない為、錬金術と変身術の先生より体の小さくなる薬を教えてもらい、魔法の薬と魔法石で人間サイズを維持している。ただ人間の大きさになっても、力も食べる量も変わらないので、人間にとってはかなりの力持ちと大食いである。勉強熱心なので、今は言葉のみならず、カリメーヌの色々なことを勉強し、色々な種族のみんなと交流する事で、毎日楽しい留学生活を過ごしている。本人にとって少し残念なのは、元々はより小さくなるつもりだったが、失敗し、今の大きさになった事だけは今も残念に思ってるようである。

コハル・ソラ・ダリアーシュ

イザラード王国出身
幼い頃より代々受け継がれてきた剣術を学ぶ剣士見習い
いつも携えている鳥は、友だちがいなかった幼少期に森で捕獲したもの
声がかすれることがよくあるが、体調は良い

 

サラ・グレース・フィオーレ

出身地:リーフェンベルク近郊の深山幽谷
両親は植物学者であり、カリメーヌ大陸全土で重宝されている薬草を栽培・調合をする仕事をしている。幼い頃から薬師の両親に憧れ、さまざまな調合と実験(自分を使った人体実験)行っていたが、ある日、自分で開発した薬草で目が5秒以上合った者を眠りへ誘ってしまう特殊体質になってしまう。学園ではこの体質を治すために、また両親のような立派な植物学者になるため、日々錬金術と化学の勉学に励んている。

セナ・オリオン・リュミエール


プロフィール確認中
 

ティオ・ジョルジ・ドラガノフ

ドラコヌール王国出身の元竜騎士。
本来であれば女は竜騎士にはなれないという厳しい掟があったが、代々王直属の騎士を務めているドラガノフ一族に跡取りである男が生まれなかったこと、気性の荒い雌竜との相性が群を抜いていたこと、ティオの変身術の才能が秀でていたことから、特例として竜騎士の訓練を受けていた。頭を使うことよりも力に自信があったため、喜んで訓練を受ける日々だったが、年の離れた弟が生まれたため一線を退くことを決意。今後について偉大な騎士である祖父に相談したところ、まずは「ジョシリョク」なるものを上げる事を提案されアカシウス皇国への留学を勧められる。この話を耳にした老王の力添えもありアカシウス寄宿舎学園へ入学。本人曰く、アカシウスで礼儀作法や「ジョシリョク」を勉強しながら今後について考えるつもりらしい。時たまドラ コヌールが懐かしくなると学園内の食堂で 大量に肉料理を注文し、上機嫌になってそれを平らげる姿がたびたび目撃されている。

ポカ・アルバーン・カーティス 

プロフィール確認中

 

舞・コルセア・リスルール

貿易都市トレダーシュの沖合いの海賊船出身。
貿易都市トレダーシュの沖合いで幅を利かせているホワイト家の一人娘で、既にほぼ家業をついでいる。ホワイト家といわれるように、本名はヴィアンカ・ホワイトである。当たり前ではあるが、海賊の娘がアカシウス寄宿舎学園に入れるはずもなく、貿易都市トレダーシュの市長と交渉(恐喝し)、トレダーシュの豪商の娘との経歴を作り、アカシウス寄宿舎学園に入学をしている。当然のように、トレダーシュ市長の推薦状付きでであった。
海賊であるのを隠すため学園では、偽りの名前、舞・コルセア・リスルール(通称マイコ)と名乗っているが、その品行の悪さから、同級生や教師陣に素性を疑われ始めている。

マリリア・エル・アーデランデ

出身地:アカシウス皇国沿岸の島
老人の姿や男の姿をしていることが多い家に住み着くレプラホーンという妖精なのだが、ごく稀に女の子も生まれる事もありマリリアも珍しい女の子の姿をしたレプラホーン。マリリアも生家に住み着いていたが、年頃になり、そろそろ外の世界を知ったほうが良いということで住み家を探す旅に出る。綺麗な女の子がたくさんいる環境の珍しさもあり、本来一般家庭に住み着くはずが、アカシウス寄宿舎学園に住み着いてしまう。勝手に住み着いていたが…、有能な教師や生徒達が集まった学園で当たり前のようにすぐに見つかってしまう。通常なら追い出されるところを女の子のレプラホーンのが珍しい事と、本人の希望もあり特別処置として入学を許可される。魔法学の先生に大きくなる魔法を掛けてもらい勉学に励んでいる。靴を直す妖精だが女の子のためかお洋服が大好きなので、靴を作るよりはお洋服をつくるほうが好きなようである。
ミミ・コシュカ・フェーレース 



プロフィール確認中
 

メイカ・ミンニ・アストレア 



プロフィール確認中
 

ルル・アリスティア・ハーツ 



プロフィール確認中
 

ワルツ・オー・エルヴェーレ

出身地: ゴルゾン大陸のとある国
記憶を無くしているゴルゾン大陸から逃げてきた逃亡者。魔力を使い様々な国の情報を裏でコントロールしていたことが露見してしまい国を追われていた。カリメーヌ大陸へ逃亡すべくゴルゾン大陸からの脱出を計ったところ、脱出船上で各国の魔術師に魔力を吸い取られる強力な呪文をかけられ、魔力と共に記憶も断片的に無くしてしまう。カリメーヌ大陸に流れ着き、意識を取り戻し彷徨い歩いていると、ある丘で祈祷を捧げている男性に出会う。それがアカシウス皇国の皇族の一人だった。その皇子の計らいで宣託の丘エルファイに処置を委ねたところ、そのお告げによりアカシウス皇国の寄宿舎学園への入学を命じられた。今は自分の祖国であるゴルゾン大陸に和平をもたらすため記憶を補完しつつ勤勉に励んでいる。


 

Copyright © 2007 Acasius Boarding School & MEGANEKO Co.,Ltd. All Rights Reserved.